かさいのひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラクダの○○

いま電車に乗ってます。

地下鉄は地下を走るから嫌いです。
地上を走る電車が好きです。

アドベンチャーワールドの吊り広告を見ながら書いています。
カップルがラクダにタッチしてます。

うちの家には『ラクダの○○』というフレーズがあります。

○○の中には『ももひき』や『シャツ』といった単語が入ります。

ようするに肌着類を『ラクダの○○』と呼んでいたんです。

発信源は母親。
語源は不明。

なぜ、そう呼ぶようになったのか。
ぼくにわかりません。
ただ、特に知りたくもないのでそのままにしておきます。


同じ車両に小学生の軍団と思われる一行が10人ほどいます。
男子をおちょくって泣かしてしまいそうなオーラをまとった女子たちです。
かなり良いテンションでワイワイしてます。

君たち、いま朝の八時だよ?
もつの?
夜までそれでもつの?

日曜日だからってそんなにエンジョイしなくても…。

あ、一人が端の方でムスッと寝てますね。
大人の階段を一足先に上っちゃってるんでしょうか。

ああいう子は嫌いじゃないです。

たくさん遊びなさいよ。
おじさんは働いてくるよ。

いつか育てるぜー。

はぁ…、加古川が俺を呼んでる…!!
いってきます。
電車賃でお財布が逼迫されるぅ~。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。