かさいのひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりです。

こんばんは。
笠井です。

すごい久しぶりに書いています。
忙しさに流されたり自分と軽く格闘したりなかなかの日々でした。
書きたいことがたくさんあるので時系列としてはむちゃくちゃになるかもしれませんが、前回の更新から空いてしまった分も書きたいなと思ってます。

とりあえずは。
近い日付、5月31日から。


この日は大阪ルイードでかわいいかわいい後輩のスターフィーのイベントに呼んでもらいました。
ドラムのこんちゃんが卒業ということで開かれたイベントでした。

なんというか。
やっぱりちょっと寂しかったですね。
昔、高校3年生の時に野球部の友達が居て、夏の高校野球の予選の大会を応援しに行ったんですけど。
高校3年の夏の大会ってことは負ければ引退なわけですよ。
そんで、僕の友達は僕の目の前で引退してしまい、なんだかよくわからないけど僕は泣いちゃったんですけど、その時と似たような気持ちになりました。

ただ。
顔合わせの時点からぼそぼそと言うてた言葉があるんですが。
『今日を終わりの日にするか始まりの日にするかは我々次第なのです。』
僕たちもそうだった。
何度も経験して、今がある。
彼女たちもそうだと思う。
と、いうか、そうあって欲しいし、そうあると思う。
『また始まるんですよ。』というメッセージを胸に秘め。
大阪ルイードで体験した色んな思い出を思い出しながら。
ちょっとセンチメンタルな懐古な気持ちと、少しばかりロマンチックな未来への展望を乗せて歌いました。

良い夜だったな。
スターフィーのみなさん、大阪ルイードのみなさん。
ありがとうございました。



こんな感じの5月31日を過ごしました。




明日はレコーディング最終日。
楽しみだな。



おやすみなさい。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。