かさいのひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笠井です。
大阪に戻ってからというもの、少し体の具合がおかしくなってましたが。
今日あたりから少しずつ回復の兆しにあります。

疲れがたまっていたんでしょうか。

体力をつけないといけませんね。

それはさておき。
うちの母親は家で近所の子供相手にピアノ教室を開いていたのですが。
明日、最後の日となるそうです。
母いわく、『40年の歴史に幕を閉じる。』だそうです。

感慨深い。
息子としてはちょっと寂しい。

流れ行く歴史の中で何を残すか。
そんなテーマがあるとすれば、うちの母親はそこそこ上出来な人生をここまで描いて来たのではないかと思う。
母親の生徒はみんな、そこそこ楽しそうにピアノを弾いていた気がする。
いや、オカンが一番楽しかったのではないだろうか。
というか、俺がその雰囲気が好きだったから課題に評価しているのか。
よくわからん…。

さておき、ともかく。
明日、一つの物語がフィナーレを迎えます。
願わくばハッピーエンドを。
あらゆる角度でハッピーエンドを。

なーんつって。


おやすみなさい。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

きっと、ハッピーエンドです。

| URL | 2011年03月24日(Thu)10:50 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。