かさいのひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝てる 泣いてる 暴れてる

わかるぜ。わかるんだぜ、その気持ち。たしかに電気屋さんのガチャガチャは素敵だ。オモチャ売り場にあるよな。それ以上素敵なものはないってほど素敵だ。特にお前みたいな3歳児には夢のようだろう。端っこの3列、見てみろよ。ガチャガチャマシーンが2台重ねだよ。その2台重ねはやばいよな。やっばいよな。夢の肩車だろ、お前にとっちゃ。でもよく考えてみろ。お前、そのオモチャでずっと遊ぶか?そして、一つのガチャガチャに5種類くらいのオモチャが入っているけど、お前の欲しいその青色のやつをお前はしっかりGETできるのか?わかるぜ。わかるんだぜ。なんとなく、なんとな~く、なんだかGETできそうな気がするんだろ。でもそれは甘い罠だ。罠なんだよ。ゴキブリにとってのホウ酸団子と同じだ。あまい誘惑に乗っちゃだめだ。世の中には甘い甘い誘惑がいっぱいあるんだ。そして、マシンで紹介されてる雰囲気だと、さも自動で動きそうだし、さも重量感たっぷりな感じがするだろう。でも、そんな事はないんだ。そんな事はないんだよ。たとえGETできても、思いがけない速度でそいつらは壊れるんだ。ロボットの場合、少し強めに握っただけで足がもげてしまう事もある。そんなものなんだよ。その時の悲しみを俺はお前に味わって欲しくないんだ。お前にはまだ俺の気持ちはわからないだろう。お前が分かってくれないであろう事を俺はわかってる。分かってるからあえてくどくどと説明をしたりはしないけど、俺はそういう気持ちでお前の事を見てるんだ。話は変わるが、お前。ブルーのハーフパンツにブルーとホワイトのボーダーのシャツを着せられてるんだな。なんだか清涼感があるじゃないか。よく見るとおなかにイカリのマークまで入ってるじゃないか。ますます涼しげじゃないか。お前のママはわりとセンスがいいかもしれないな。そんなママが着せてくれた服なのに、お前はそんな所に寝転がって汚してしまって…。洗濯物がまた増えるじゃないか。っていうか、お前。さっきからわりと長い間そこでワンワン泣いておねだりしてるけど、ママはどこへ行ったんだ?もしや…。もしや迷子じゃないだろうな。ちゃんと場所がわかってるんだよな。お前のママはお前の居場所をわかってるんだよな。俺は少し心配になってきたぞ。迷子になるくらいならおねだりはぼちぼちにしとけよ。ガチャガチャマシーンは世の中に五万とあるんだ。お前が出会ったそいつらはその五万の中のほんの一握りだ。お前みたいに、ちいちゃい奴には自分が本当にそれを欲しいかどうかわからずにとりあえず欲しがる時があるんだ。それがお前の自我の目覚めであることは確かだし、それはそれですばらしい事なんだがそんなたまたま出会った氷山の一角にすぎないガチャガチャマシーンのせいでお前が迷子になってしまうのはあまりにもかわいそうだ。な、わかってくれよ。ここは我慢だ。我慢なんだよ。これもお前の成長としてはとても大事なことなんだ。我慢なくして人はなし。いつまでもビービー泣いてないで、早くママの所へ帰ってやってくれ。っていうか。おい、そこのオレンジTシャツのいがぐり坊主。売り切れてたからってそんなに癇癪起こしちゃダメだ。お母さんの腕をいくら引っ張ってわめいたって、ポケモンの新作はもう今日は入荷されないんだよ。それは突き詰めれば大人の事情かもしれない。明日の在庫を確保して来店者の増加を狙ってるのかもしれない。大人は汚い生き物だからな。でも、お前のお母さんは魔法使いじゃないから、お前に今すぐポケモンを用意してやることは出来ないんだ。わかってやってくれ。お前はもう小学校へ通ってるんだろ。提出物や時間割、そういった世の中の仕組みに組み込まれて行く事を少しは覚えただろう。じゃあ、今日はもう一つ賢くなったと思って、もう少し泣いたらお母さんの為にも機嫌を直してやってくれよ。きっと今日は晩ご飯にお前の好きなものを作ってくれるよ。たしかに。たしかに、だ。おれにだってそんな時期はあったんだ。ウサギが欲しかったのに買ってもらえず、母親の足を蹴飛ばした事もある。しかも、弁慶さんだって泣いちゃうっていうスネを蹴飛ばしてたらしんだ。ウサギ欲しさにスネを蹴飛ばしてたんだ。なんというひどい事を…。そしてそれ以降の自分を振り返ってみて、その時ウサギを飼ってなくてよかったと思ってる。お祭りですくった金魚も、友達にもらったハムスターも、けっきょく俺は可愛がって眺めるだけで実際のお世話は母親任せだったからな。ちゃんとお世話も出来ないのに欲しがっちゃいけないな、と今の俺は言えるよ。俺だってビービー泣いたのちに成長をしてきたんだ。お前もそうなんだよ。俺のエピソードと詳細は全然違うけど、お前は今まさに育ってるんだよ。ポケモンの為に流しているその涙も無駄じゃないんだ。それに予約っていうシステムもあるんだぜ。世の中にはそんな便利なシステムがあって、予約するとたいてい発売日には確実に手に入るらしいんだ。え、俺?やった事あるのかって?俺は予約はしたことはないよ…。なんだかドキドキするからな。そんな緊張するくらいなら売り切れでも指をくわえて我慢する方を選ぶ人間だよ。いいんだよ、俺は引っ込み思案に産まれ引っ込み思案に育ったんだから。そして人見知りの性格とも一生肩を組んで暮らすつもりだよ。不便だが、悪い事だとは思ってないんだ。お前たちが今、ビービー泣いてる事に後ろめたさを感じていないのと同じような心境だと思うよ。なんだか、お前たちを見ているとそっくりそのまま自分を見ているようだ。お前たちみたいなガキだった俺が今お前たちを見てる。そしてお前たちはあと15年ほどで俺のようになり、またお前たちみたいなガキを見るんだ。もしかしたらそれは俺のジュニアかもしれないし、世の中の流れに乗ればそれが自然だ。そういう、見えないバトンみたいなものが脈々と受け継がれて行くんだよ、脳でも体でもなくごく自然な感性の部分で。よし、俺はお前たちになるべく優しくしてやろう。目の前にあるオモチャを手に入れられなかったお前らはさぞかし悔しいだろう。俺も何度もその思いを経験したんだ。だから、交換条件ってわけじゃないけど、将来、俺のジュニアに会う事があったら。その時、俺がジュニアにオモチャを買ってあげられてなかったら。お前らは俺の泣きべそジュニアを慰めてやってくれよな。たぶん、俺に似てガチャガチャマシーンの前で地団駄を踏んだり、ウサギを見た帰り道にスネを蹴飛ばすようななんとも面倒なガキだと思うんだけど。なんとか優しくしてやってくれ。根はきっと良い奴のはずだから。な、繋げて行こうぜ。ほら、スマイル。スマイルだ、少年たち…。




電気屋にて。
我、思う。

昨日の事だ。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

長いわっ。昼休み返せ!(-_-)

じ | URL | 2010年09月22日(Wed)12:19 [EDIT]


あ…。

すみません。
お昼休みに読んでくれたんですか。
僕もね、書きながら長いな~って思ってたんですよ。
お昼休みはちゃんとごはんを食べてますか?
メニューに困った時は、鶏肉を揚げてるものを食べましょう。
鶏肉を揚げれば、なんとかなるんです。
なんとかなる。

よい祝日を…。

笠井 | URL | 2010年09月23日(Thu)02:03 [EDIT]


くだらんツッコミコメントにコメント返ししてくれてる。
かさい、やさしぃ~。

お昼ご飯は欠かしません。鶏肉は好物です。かしわ、ね。

じ | URL | 2010年09月23日(Thu)08:11 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。