かさいのひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姫路にて

ある男とすれちがった。
30代にさしかかろうとした風貌。

泣きじゃくりながら交通量の多い横断歩道を無理矢理つきすすんでいった。

車が彼に遠慮した。

女にふられたのか。

母親が死んだのか。

何かに失敗したのか。

様々な空想が瞬く間に脳裏をよぎった。

しかしその男について思いを巡らせたのも束の間。

次の横断歩道にさしかかろうとした時には忘れてしまっている。

人間のテンポなんていうのはそんなもの。

でも。

いち男として。

そんな男のそんな姿を見るのは。

胸が痛むよね。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。