かさいのひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閉店間際のスーパーの魔法

閉店間際のスーパーには場法がかかってるよね。

そうですね。

『お惣菜半額』の魔法だよね。

たぶんだいたい夕方五時か六時くらいに活動を始めるんだよね。
魔法使いが。
お惣菜値引きシールを持った魔法使いがね。

あいつらさー。
『テクマクマヤコンテクマクマヤコン』とか『エロイムエッサイムエロイムエッサイム』とかっていう呪文を省略してほとんどノーモーションで魔法を使うじゃない。
『目で殺す』的な感じでさ。
ほんとニクいよね。
職人技だもの。
定価は見せつつ食品も見せつつ目立つ位置にシールを貼るっていうね。

あれはほんと魔法だよ。
食欲よりも『半額にあやかりたい』気持ちが先立って購入しちゃうよね。
廃棄されるのはMOTTAINAIから良い事なんだけどね。


あ、この話。
どうでも良いですかね。
DOUDEMOIIですか?

そうでよね。
まぁわかってはいたんですけどね。



小さい頃よく言われました。

『ごはんつぶを残すと目がつぶれるよ。』って。

目がつぶれるのが怖いから今でもごはんつぶを残さないように食べてます。
それがわたしの生きる道。

いや、なんかPUFFYが頭に浮かんだもので…。


はい。
それじゃあね。



おやすみなさい。


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。