かさいのひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間軸を斜めにとれ。

日曜日の夜ですね。
もう月曜日ですね。
また一週間ですね。
勝たなくても良いから、負けないでください。
リアル9巻の名台詞です。

さっき、『最近の若者はすぐに仕事をやめよる。』みたいな記事を読みました。
終身雇用なわけじゃないし、右肩上がりの世の中じゃないし、年金がもらえる見通しもないし、しんどいの嫌だし、その他もろもろ色々あるんだろうなと思います。
その記事に対するコメントでも、『もう時代は変わったんだよ。』みたいなのが多かったです。

そして、記事を読んだ後。
テレビで木村拓哉が熱湯風呂をやっているのを見ました。
なんというか、一番テレビに興味があった時期に一番のアイドルだった人が30秒間生着替えをやって、熱湯風呂に入って熱がっているのを見るのはなんというか複雑で。
時代は終わっちゃったのかなー…、とか思いました。
それこそ、『なんというか』を一つの文章に二回つかっちゃうくらい何とも言えない気分になりました。

そして、間寛平はアースマラソンをし。
田中マー君と上田桃子さんが対談してます。

終わったよって言われる経営者。
終わりかけてるのかもしれないアイドル。
前人未到の挑戦をしているおもろいおっさん。
将来を担うだろう有望な若者。

世の中色んな時間帯の人がいるよ。
まぁその時計は動いたり止まったり新しいのが欲しくなったり古いのを引っ張りだしてきたり色々だろうけど。

俺には何にも言えないけどさー。
なんというか。
『自分の人生を決めたのはこの一週間だったな。』
みたいな一週間がくる事を願いますよ。
こんなつまんないブログを見に来てくれたみなさんにね。


あー。
なんともいかんともしがたい気分だ。

人生はエンドレスジャーニーであると共にセンチメンタルジャーニーだよ。





では、良い一週間を。


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。