かさいのひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

起き抜けは喋ってはいけない。

おはようございます。朝からすみません許してください僕はカサイです。朝っていうか、もうお昼ですか。ウィークエンドをいかがお過ごしでしょうか。僕はトミーズ雅の顔を横目に見つつパソコンでウェブログを書いてます。『せやねん』の『どこいこ』のコーナーで紹介されているお料理はどれもこれもおいしそうです。世の中にはおいしいお店がたくさんあるようですね。外食の8割以上を大手チェーン店とコンビニまたはラーメン屋に頼ってしまう僕ですが、冒険も必要だなと思ったり思わなかったりします。でもまぁおいしい食べ物は熱量だけでなくモチベーションも与えてくれるというのが真実な気はしますが。

どうだ、携帯からは読みにくいだろう、今回はとことん読みにくくしてやるぜべいべ。いや、でもそんないたずらな技術はあんまり持ってないんですが。生きる化石、歩くシーラカンス、漂着したひょっこりひょうたん島、the SHOUWA、原付のピーターパン(シンドローム)。パソコンを触っていてもインターネットするのが精一杯の僕です。色々と思いつくままに並べてみたけどどれもこれも大げさですね。すみません朝からほんとすみません。

あ、そうだそうだ。最近ね、喉のケアーを気にするようになりました。こないだ『たけしの本当は怖い家庭の医学』をたまたま見たら声帯の特集で、起き抜けに喋ったり乾燥が喉に悪かったり千の風になっての秋川さんの喉のケアー法を紹介してたりといろいろと勉強になりました。ほんで、気にするようにしてみたら声の調子がちょっと良くなりました。ミナミホイール前とか、朝9時に起きて10時から歌ったりしてたんですよね。そりゃあ夕方には声の調子が悪くなる訳です。気をつけよう気をつけよう。ああ、朝からバンドのボーカルみたいな事を言ってすみませんすみません。『お前、ボーカル面すんなよ。暖房かけた部屋で除湿器かけて中学校の校歌でも大声で歌ってろ。』とか思いました?…すみませんすみません。

緑地の風はさわやかに 光はおどる北条に…(これ、中学校の校歌の歌い出しです。)
朝をたたえる歌声は 緑の森の小鳥たち…(ちなみにこちらは小学校。)
輝け風と光 清明なんぞ白き我が校…(高校の校歌です。)
でも残念ながら大学の校歌は全く覚えてません…。すみませんすみません。大学時代の友達たち、ごめんなさい。河田学長、ごめんなさい。山本ゼミのみんな、元気してますか?

そういえば、去年だったかな。ゼミの飲み会にちょっとだけ顔を出した時、『カサイ君は今なにやってるの?』と聞かれ、『バンドやってるよ。』って答えたら『夢追ってる感じ~?』って返事がきました。なんとなくこの『夢を追う。』という言葉とその時のなんとも言いがたいニュアンスに僕はそれから言葉を返す事が出来ませんでした。他意はなかったのだろうとは思いますが少し馬鹿にされたように受け取ってしまいました。夢と言われれば夢なのかな、とも思いますが。頭の周りをグルッと廻って2つの感情を持ちました。一つ目、夢(というか目標というかそういうもの)を持って生活してる人を軽々しく見てはいけませんよ。たしかにアルバイトです。年金払ってません。お金ないです。年齢の割に落ち着きはないです。ただ、世の中の正しい事ってなんでしょうか。すみません、僕は歌うのが好きなので歌っていたいのです。二つ目、あなたの生活は夢ではないですか?就職したら夢はないんでしょうか。昇進や月々のお給料や同僚や恋人や家族は夢ではないんですか?問いつめてるわけじゃないですよ。あの時のニュアンスがすごく寂しい響きだったのでこんな事を言ってます。あなたの生活も素敵ですよ、きっと。苦しくとも間違いじゃないっすよ、きっと。うんすばらしい。


はいはい乱文ですね。おとんがインスタントラーメンを作ったので今からいっしょにすすります。
すみませんでした。
ほんとにすみませんでした。
ごめんなさいごめんなさい。

がんばります。


良い週末を。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。