かさいのひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドワイドタンバリン

今日はエリッククラプトンのエムティービーアンプラグドのディーブイディーを見ました。

O塚くんからいただいたものです。

『笠井さん、これを見て世界を感じてください。』
彼はこう言いながら僕にそれを手渡したわけです。

見てみてびっくり。
すごかったです。
ギターはもちろんですが、トライアングルとかタンバリンとか、あんなに効果的な楽器だったんですね。
もしかしたら歌やコード進行よりも力があるのかなと思うほどの雰囲気だったように思います。

っていうか、タンバリンを叩くオッサン。
すごかったです。
タンバリンをあそこまでかっこよく叩くスキンヘッドはそういないですよ。
ぼくも昔はタンバリンを片手にライブしたものですが、彼に比べたらぼくのタンバリンなんて象対アリンコ。
違う次元です。

いいものを見ることができました。
ありがとうございました。



タンバリンを叩きながら歌ってた自分が懐かしいなぁ。
タンバリンで手のひらと太ももに青あざを作ったものです。
今ハンドマイクで歌ったらまた違う感覚なんでしょうね。



世界の広さと奥深さをほんの少しだけ知りました。
円高や事業仕分け、給油活動がどうのこうのはよくわからないですけど。
音楽を見たり聞いたりするのもいいんじゃないですかね。

どちらも世界の隅っこの話ですよ。






おやすみ。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。