かさいのひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

otsukasai

おはようございます。
大塚祭の帰りです。
『otsukasai』と書くとまるでぼくと大塚君がコラボレーションしたように見えますね。


大塚祭というのはぼくの友達でありアドバイザーでありサウンドエンジニアでもありメガネっ子でもある大塚君のお誕生会で。
スタジオの中でライブをするというアメリカ人みたいな発想のイベントです。


今年もかなりの活気があって。
約250人を動員していました。
あんなに人が集まるのはやはり大塚君の人徳なのかな、と思います。

ズートル森脇、笑顔ズ、めろでぃあん、どらを、ザ・ダラーズ、ABCDEFG'Z、とオープニングアクトが6バンドあり、その後に唯一の出演者であるピアニスト大塚君がライブしました。
親戚のおじさんの作った曲を中心に構成されたセットリストは見る者の胸をつかみ『今年は叔父さんに年賀状を書かなきゃな。』と奮い立たせるようなクリエイティヴィティー溢れる内容でした。
そして大塚君の演奏は約4時間にわたり、最後の曲『君の瞳にラビンニュー』では観客と演者の境界線は完全になくなり大地がうねるような大合唱が起こったのでした。
演奏の後、観客たちは心から拍手を送りそれは10分間鳴り止むことはありませんでした。
非常に見応えのあるライブでした。

ぼくはいま朝日を見ながらこう思うわけです。
大塚祭はいずれ日本中を巻き込むイベントになる、と。

オープニングアクトで出られて非常に光栄です。
そしてそして。
今日は西岡蘭子の最後の登板でした。
5分前に相談したセットリストを忘れてしまうあたりが彼女らしい。
これからも元気にがんばってほしいものです。
くれぐれも体には気をつけてください。


とにもかくにも。
楽しい夜でした。
久しぶりに夜更かししちゃったよ。
みなさまお疲れさまでした。
今日もありがとうございました。


あ…、ヒューマンワークスもよろしくね…。



あ、ほんで大事なこと書くの忘れてた。

大塚君、お誕生日おめでとうございます。





おやすみなさい。



いってらっしゃい。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。