かさいのひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おめでとうございます。

どもども。

隣の家に囲いができたんだって。
あらまぁ、かっこいい。

で、お馴染みのブログ『かさいのひとりごと』の執筆者、かさいです。
こんばんは。


今日、大学時代の友達からメールがきました。
『子供産みましたー。』って。

いやいや、久しぶりに連絡がきたと思ったらお母さんになってたんかいな。
びっくりです。
驚きました。
おどろき桃の木21世紀です。

でもとにかくおめでとうございます。
君の子供が夢を抱けるような社会を目背します。

ん、話のスケールがでかいね。


でもほんとに夢を描けるって事は大事だと思うよ。
目標があれば未来は怖いだけのものじゃないわけで。
今を未来まで連続するものととらえることができて。
夢に向かってる人間は未来を生きているとも言えるわけで。
過去が足かせになることも少ないわけで。
うん、とにかくすばらしい。



ちなみにみなさん、夢とか目標とかありますか?
あなたを奮い立たせるような何かはありますか。
あるなら大事にしてください。
大事にしてください。



子供が産まれた友達の夢は子供に移ったんでしょうか。
『この子が成長する事が目標です。』
『この子が一人前になるまでは死にません。』
なんて思ったりしてるんでしょうか。


俺はその場その場でなんとなく生きてるもんでバトンタッチするイメージはなかなか持てないんだけど。

いや、よくわかんないけど。

いつまでも手から離せないバトンがあってもいいんじゃないかな、という気もするし。


なんだろ。
とにかくさ。
友達が産んだ子供が夢を持つといいなーっと思うわけです。
そして、あなたも何か夢が持てたらいいなーと。
今もう持ってる人は持ち続けてくれればなーと。
思うわけです。


あなたにも。
あなたにも。

希望はあるはずなんだよねー。
朝焼けの空に消えかかる星みたいなささやかな光でもいいからさ。
あなたにもあればいいなと。
あなたにもあるばすだと。

俺は思いますよ。
俺はね、思いますよ。






Saturdayのnightのfever中に辛気くさいこと書いてごめんなさいね。





ではみなさん、素敵な日曜日をお過ごしください。



新しい命に乾杯。







おやすみなさい。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。