かさいのひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おめでとうございます。

昨日のライブで、最近はまじめにブログも書いてますよと言ったもののさっそくさぼりました。すみません。

昨日はルイードスタッフのまさるくんがブッカーデビューのイベントでした。ブッカーというのはライブハウスの運営に欠かせない人の事で、バンドに声をかけて『この○月×日、空いてない~?激アツなんだけど~。出ちゃおうぜ~。んー、ノルマ?そんな水臭い事言うなよ~。激アツのイベントで、君らのROCK、ぶちまけちゃいなよ。』ってな具合にイベントの出演者を決める人です。

デビュー、おめでとうございます。お客さんとして見てても楽しかったです。

コンビニで弁当を手に取った時に運送会社のおじさんの顔や農家のおばちゃんの顔を想像しないのと同じ具合で、ブッキングイベントに出てもそこまでブッカーさんと対バンさんとお客さんとのつながりなんかを意識した事はなかった(小沢さん、上野さんごめんなさい)んだけど。自分の近くの子がこのイベントを用意したんだなーと思うと作り手と受け手の関係性がスーッと見えて、なんだかじんわりした気持ちになりました。
まさるくんの不慣れな感じがそこを強調するわけですね。

大事な気持ちを少しだけ思い出したような気がします。

ありがとうございました。

これからもがんばってね。




では。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。