かさいのひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風がやってきました。

台風がやってきましたね。

雨で靴の中までぐしょぐしょです。

ミナミの町には所々、土嚢を積んでいるビルもありました。



幼いぼくは母親から迷信をけっこう聞かされていました。

夜に口笛を吹くと蛇が出る。
ご飯を残すと目が潰れる。
お葬式の前を通る時は親指を隠さないと親が早死にする。
など…。

そしてその中で、『雷におへそを取られる』というのがあったんですけど、一度試してみたことがあるんです。

今日みたいな大雨の日にマンションの駐車場でお腹を出して小躍りなんかしてみたわけですね。

するとね。

なんとまぁ、ものすごい大きな雷が近くに落ちたんですよ。

その時ぼくは『へそを取りに来た!』と心底震えました。

そしてうちに駆け込んですかさず母親に『ほんまにおへそ取りに来た!』と報告しましたね。

その後どうなったかは覚えてないんですけど、きっとお風呂に入って平和に晩御飯を食べたんだと思います。



台風の大雨でなんとなく思い出しました、幼い頃のエピソード。


今夜の夜空は荒れ模様。




おやすみなさい。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。