かさいのひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばばばば~ん。

ばばばば~ん。
ざざざざ~ん。
うははは~ん。
ささささ~ん。


うん。
やっぱ。
一番、ばばばば~んが良いような気がする。


そんな気がする。



あ、ちゃうちゃう。
そんな事を書いている場合ではない。


こんばんは。夜分に失礼します。
笠井です。
先日から伝えしている通り。そしてHPなど(特にPC版の方)で目にたこが出来るくらいアピールしてますが。
『イオミュージックトライ』の投票が明日の夕方5時で締め切りとなります。
グランプリ大会、出たいなー。
優勝したら賞金100万円ですよ。100万円。
諭吉なら100人、樋口さんなら200人、英世なら1000人がご来店ですよ。
この前のライブのMCでは、100万円が手に入ったら車が買えますそしてたくさんツアーに行けますって感じの話をしました。
まさにその通りで。
ツアーに行けます。関東方面のみなさん、中部地方のみなさん、中国地方のみなさん、またみなさんのとこへ伺えます。
そしてまだ会った事のない九州のみなさん、四国のみなさん、北陸のみなさん、そちらの方へも伺えるかもしれません。ちなみに私は大阪生まれですが笠井家の郷は香川県であります。小豆島のみなさん、手延べそうめん『揖保の糸』、おいしくいただいております。ついでに100万円もおいしくいただかせてください、グヘヘ。
そして音源も作れます。新しいコンパクトディスクを作れる事でしょう。良い塩梅のコンパクトディスクをどどんと。どどんと。どどんと。どどんと。ばばばば~ん、と。

そして。
これはみなさんには関係のない非常に私的な部分ですが。
もし、賞金が手に入ったら…。
もしかしたら。もしかしたら、我々のステージの服装がちょっとだけこぎれいになってるかもしれません。
金城のどこのメーカーかわからないロンTがまさかあのブランドに!
平林のDickiesがこれみよがしにあのブランドに!
あれ、笠井君、なんだか歯が白くなったような…?
みたいな。
あるかもね~。
いや、ないかもね~。
でも、ひょっとするとひょっとするかもね~。ひょっと。ひょっと。ひょっと。うははは~ん、と。

と、いうわけなので。投票しましょう。
どういうわけかわからない方も、投票してから考えましょう。
あなたのワンクリックが私たちの背中を少しだけ押すのです。

PCから投票。
携帯からは携帯版めろでぃあんHPのトップ画面のバナーからお願いします。

ささささ~んっとお願いします。
いや、お願いされてください。
お友達にもぜひお願いします。


なんか。
色々とごちゃごちゃ書きましたけど、こうやって『100万円欲しいー。』とかって言えてる事が、それがそもそもの部分でハッピーな事かもしれん。
自分が100万円を欲しがってる事を伝える相手がいる事を俺が知ってて、実際にそうなるように力を貸してくれる人がいて、この輪がまた少しずつ広がっていってて。生きてるだけで丸儲けってお笑い怪獣が言うてたけど、バンドもとりあえずあるだけ丸儲けかもしれないよね。
続けるだけなら誰でも出来るとは言うものの、続けられなくなった人だって山ほどいるんだし。
今度また友達がバンドやめるってさ。世の中のうねりは俺と君とを絶妙に絡めとっていくよ、ざざざざ~んっとね。


よくわかんないけど。
ばばばば~んっと行きましょう。
堂々と。



今回は下世話なお話でしたかね。
ただ、僕は『大切なのはお金じゃないんだ。』とか言うタイプの人じゃないのです。
お金は大事っす。
無いと、めし、食えないっす。



さて。
お別れの呪文です。



ばばばばばばばばばばばばばばば~ん。




スポンサーサイト

ブログっぽいブログ。

こんばんはぁ~。
笠井です☆


今日は晩ご飯のお肉がすっごいおいしかったのー。

たっくさん食べて元気モリモリ☆


明日もがんばる!


おやすみなさぁい☆



なんか、女子っぽいな。
うまくいかなかったよ。

今日は満月だから、俺のブログ読んでる暇があったらお月見してくれ。
オツキーミ、オサーケ、ヨッパラーイ。
スーシー、テンプーラ、アキハバーラ。


ちょっと月まで行ってウサギと餅つきしてきます。


ワーオ、メルヘン。



明日もがんばる!
あばよ。

寝てる 泣いてる 暴れてる

わかるぜ。わかるんだぜ、その気持ち。たしかに電気屋さんのガチャガチャは素敵だ。オモチャ売り場にあるよな。それ以上素敵なものはないってほど素敵だ。特にお前みたいな3歳児には夢のようだろう。端っこの3列、見てみろよ。ガチャガチャマシーンが2台重ねだよ。その2台重ねはやばいよな。やっばいよな。夢の肩車だろ、お前にとっちゃ。でもよく考えてみろ。お前、そのオモチャでずっと遊ぶか?そして、一つのガチャガチャに5種類くらいのオモチャが入っているけど、お前の欲しいその青色のやつをお前はしっかりGETできるのか?わかるぜ。わかるんだぜ。なんとなく、なんとな~く、なんだかGETできそうな気がするんだろ。でもそれは甘い罠だ。罠なんだよ。ゴキブリにとってのホウ酸団子と同じだ。あまい誘惑に乗っちゃだめだ。世の中には甘い甘い誘惑がいっぱいあるんだ。そして、マシンで紹介されてる雰囲気だと、さも自動で動きそうだし、さも重量感たっぷりな感じがするだろう。でも、そんな事はないんだ。そんな事はないんだよ。たとえGETできても、思いがけない速度でそいつらは壊れるんだ。ロボットの場合、少し強めに握っただけで足がもげてしまう事もある。そんなものなんだよ。その時の悲しみを俺はお前に味わって欲しくないんだ。お前にはまだ俺の気持ちはわからないだろう。お前が分かってくれないであろう事を俺はわかってる。分かってるからあえてくどくどと説明をしたりはしないけど、俺はそういう気持ちでお前の事を見てるんだ。話は変わるが、お前。ブルーのハーフパンツにブルーとホワイトのボーダーのシャツを着せられてるんだな。なんだか清涼感があるじゃないか。よく見るとおなかにイカリのマークまで入ってるじゃないか。ますます涼しげじゃないか。お前のママはわりとセンスがいいかもしれないな。そんなママが着せてくれた服なのに、お前はそんな所に寝転がって汚してしまって…。洗濯物がまた増えるじゃないか。っていうか、お前。さっきからわりと長い間そこでワンワン泣いておねだりしてるけど、ママはどこへ行ったんだ?もしや…。もしや迷子じゃないだろうな。ちゃんと場所がわかってるんだよな。お前のママはお前の居場所をわかってるんだよな。俺は少し心配になってきたぞ。迷子になるくらいならおねだりはぼちぼちにしとけよ。ガチャガチャマシーンは世の中に五万とあるんだ。お前が出会ったそいつらはその五万の中のほんの一握りだ。お前みたいに、ちいちゃい奴には自分が本当にそれを欲しいかどうかわからずにとりあえず欲しがる時があるんだ。それがお前の自我の目覚めであることは確かだし、それはそれですばらしい事なんだがそんなたまたま出会った氷山の一角にすぎないガチャガチャマシーンのせいでお前が迷子になってしまうのはあまりにもかわいそうだ。な、わかってくれよ。ここは我慢だ。我慢なんだよ。これもお前の成長としてはとても大事なことなんだ。我慢なくして人はなし。いつまでもビービー泣いてないで、早くママの所へ帰ってやってくれ。っていうか。おい、そこのオレンジTシャツのいがぐり坊主。売り切れてたからってそんなに癇癪起こしちゃダメだ。お母さんの腕をいくら引っ張ってわめいたって、ポケモンの新作はもう今日は入荷されないんだよ。それは突き詰めれば大人の事情かもしれない。明日の在庫を確保して来店者の増加を狙ってるのかもしれない。大人は汚い生き物だからな。でも、お前のお母さんは魔法使いじゃないから、お前に今すぐポケモンを用意してやることは出来ないんだ。わかってやってくれ。お前はもう小学校へ通ってるんだろ。提出物や時間割、そういった世の中の仕組みに組み込まれて行く事を少しは覚えただろう。じゃあ、今日はもう一つ賢くなったと思って、もう少し泣いたらお母さんの為にも機嫌を直してやってくれよ。きっと今日は晩ご飯にお前の好きなものを作ってくれるよ。たしかに。たしかに、だ。おれにだってそんな時期はあったんだ。ウサギが欲しかったのに買ってもらえず、母親の足を蹴飛ばした事もある。しかも、弁慶さんだって泣いちゃうっていうスネを蹴飛ばしてたらしんだ。ウサギ欲しさにスネを蹴飛ばしてたんだ。なんというひどい事を…。そしてそれ以降の自分を振り返ってみて、その時ウサギを飼ってなくてよかったと思ってる。お祭りですくった金魚も、友達にもらったハムスターも、けっきょく俺は可愛がって眺めるだけで実際のお世話は母親任せだったからな。ちゃんとお世話も出来ないのに欲しがっちゃいけないな、と今の俺は言えるよ。俺だってビービー泣いたのちに成長をしてきたんだ。お前もそうなんだよ。俺のエピソードと詳細は全然違うけど、お前は今まさに育ってるんだよ。ポケモンの為に流しているその涙も無駄じゃないんだ。それに予約っていうシステムもあるんだぜ。世の中にはそんな便利なシステムがあって、予約するとたいてい発売日には確実に手に入るらしいんだ。え、俺?やった事あるのかって?俺は予約はしたことはないよ…。なんだかドキドキするからな。そんな緊張するくらいなら売り切れでも指をくわえて我慢する方を選ぶ人間だよ。いいんだよ、俺は引っ込み思案に産まれ引っ込み思案に育ったんだから。そして人見知りの性格とも一生肩を組んで暮らすつもりだよ。不便だが、悪い事だとは思ってないんだ。お前たちが今、ビービー泣いてる事に後ろめたさを感じていないのと同じような心境だと思うよ。なんだか、お前たちを見ているとそっくりそのまま自分を見ているようだ。お前たちみたいなガキだった俺が今お前たちを見てる。そしてお前たちはあと15年ほどで俺のようになり、またお前たちみたいなガキを見るんだ。もしかしたらそれは俺のジュニアかもしれないし、世の中の流れに乗ればそれが自然だ。そういう、見えないバトンみたいなものが脈々と受け継がれて行くんだよ、脳でも体でもなくごく自然な感性の部分で。よし、俺はお前たちになるべく優しくしてやろう。目の前にあるオモチャを手に入れられなかったお前らはさぞかし悔しいだろう。俺も何度もその思いを経験したんだ。だから、交換条件ってわけじゃないけど、将来、俺のジュニアに会う事があったら。その時、俺がジュニアにオモチャを買ってあげられてなかったら。お前らは俺の泣きべそジュニアを慰めてやってくれよな。たぶん、俺に似てガチャガチャマシーンの前で地団駄を踏んだり、ウサギを見た帰り道にスネを蹴飛ばすようななんとも面倒なガキだと思うんだけど。なんとか優しくしてやってくれ。根はきっと良い奴のはずだから。な、繋げて行こうぜ。ほら、スマイル。スマイルだ、少年たち…。




電気屋にて。
我、思う。

昨日の事だ。

バトンタッチ

笠井だ。

今日は福島セカンドラインにてライブだったよ。
ちょっとフィーバーしすぎて演奏や歌詞が吹っ飛んでしまって、すみませんでした。
ほんとね。
布団がふっとんだね。
それぐらいふっとんだよ。

今日でサポートドラムスの中江太郎とのラストライブでした。
最初は『太郎くん』から始まり、最後には『たろちん=スカイウォーカー』と呼ぶ程の仲になれました。
わかりますか、この感じ、この距離感。
ずいぶん縮まったと思います。

縮まったのですがこれからは別々の道をそれぞれ歩いて行くわけです。
スカイウォーカーという名にふさわしく、軽快なステップで進んでもらえたらなと思っています。

変な話。
あんまり人との関わり合いを持つのが上手でない僕ですが。
太郎は久しぶりに『友達』って感じの奴でした。
さすがに『ともだち◯こ~!』とかはやりませんけど、今後とも仲良くしてもらえたらなと思います。


バトンタッチ。
太郎から畑君へ。
太郎からめろでぃあんへ。
めろでぃあんから太郎へ。
引き継ぎ受け継ぎつながっていけばいい。

その関係性にお客さんも引きづり込んで。
もうなんかわけわからんくらいの相関図でお互いに作用していけばいいんです。


あ、すっげー眠くなって来た。
おネムだわ。


眠くなったらどうしたら良いか知ってます?

そうそう、眠ればいいんですよ。
こんな簡単な解決策なんだから。
解決しないわけにはいかない!



おやすみ。

ZUBORA

こんばんは。
『今日あたりブログを書こう。』と思って三日も過ぎてしまった。
俺はズボラだ。
ZUBORAだ。

小学校6年生の時の担任がよくこの単語を口にしてた。
ズボラ。
当時はよくわからなかったけど今ならわかる。
その時はうまく言えなかったけど、今なら正直に言える。
私はズボラです。

考えてる事の数%しか達成しないまま一日を終える毎日。
その一日は未来につながるというのに。
連続性を想像できないではない。
ただ、甘えているんだ。
きっと。
はぁ、ズボラだ。

グズラだどん。
ズボラだどん。


あ、みなさんグズラ知ってます?


そうだ。
そうだそうだ。
書かないといけない事があったんだ。

数日前。
我々めろでぃあんのホームである大阪ルイード店長、小沢さんにそっくりの女の人を見ました。
大阪の繁華街梅田においてです。
これは本当に衝撃でした。

似かたがはんぱじゃないんですよ。
もうね、なんというかね、小沢さんにおっぱいが付いただけってくらいに似てたんですよね。
おっぱいの大きい小沢さんでした。

世の中には似てる人がいるもんですね。
3人はいるって言いますもんね。

昔、僕にそっくりな人が大阪の繁華街天王寺にいるっていうのを聞いた事があります。
天王寺の街角で弾き語りをしているんだそうです。
一度、前を通りすがってみたいもんです。


しかしね。
昔から思ってるんですけど。
よく、友達なんかに対して『あなたは芸能人の◯◯さんに似ている。』って言ったりしますけど。
似ている人同士ってのは年功序列だと思うんですよ。
つまり、有名人のAさんに似ているBさんが居たとして、Aさんの方が遥かに有名であってもBさんの方が年上である場合に、それはBさんに有名人Aさんが似ているんだということです。
誰も得をしないし、誰かを納得させようと思ってるわけじゃないけど誰々に似ているって感じの話を聞くとよく思う。
その顔のパターンで先に生まれていたのはBさんなんだぞ、みたいなね。



なんか、おれ、めんどくさいですね。
いいんですいいんです。
今日はおビールをいただいたので考えがまとまらないんです。

ただ、これだけは言いたい。
小沢さんに似ていたその女性は、本当に似ていた。
まじだ。
これはほんとにまじだ。
小沢さんにおっぱいがついただけだった。
俺は驚いたんだ。
まじで驚いたんだ。


以上。
眠い。
おやすみ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。